顧客を集客できるホームページの構成から原稿作成まで、しっかりとサポート。

メイン画像

集客できるホームページとは

集客できる4つのポイント

一目で興味を持たせるキャッチコピー
ポイント1

一目で興味を持たせるキャッチコピー

アクセスしてきた悩みを持つお客様が、瞬時に判断する分岐点として、大きなポイントとなるのがキャッチコピーです。
キャッチコピーは、お客様の興味を惹く内容を、端的にわかりやすい言葉で目立つようにします。
まず、パッと目に飛び込んでくるインパクトのあるキャッチコピーが、トップページの目立つ部分にあるかどうか。
そして、トップページを流し読みした際に、惹きこまれるような見出しが効果的にあるかどうか。

また、キャッチコピーを作るうえで一番重要なことは、ターゲットの絞り込みです。ターゲットがぼやけていると、まったくお客様には響きません。
「どんな悩みを持っている人か」「どんな年齢層の人なのか」、今すぐ悩みを解決したいと思っているお客様に具体的に訴えることです。

そこで、次のサイトに行くかどうかをお客様は判断していきます。
ですから、キャッチコピーや見出しのテキストは非常に重要です。

共感を引き出し、惹きつける文章
ポイント2

共感を引き出し、惹きつける文章

具体的に訴えかける方法として、「このような事でお困りではありませんか?」などお客様の根本的な悩みを理解する事が必要です。このようにして、お客様の疑問や不安に寄り添い、共感を引き出します。

そして、多くの人は他の税理士の先生と同じサービスなら、できるだけ安い費用でサービスを受けるか、少し高くてもサービスの良い・付加価値のあるところを比較検討されることでしょう。
つまり、重要な部分は満足感・付加価値です。そして、同じサービスを提供するにしても、表現次第で印象も変わってきます。サービスの価格よりも、費用対効果で惹きつけていきましょう。

思わず問い合わせたくなる効果・メリット
ポイント3

思わず問い合わせたくなる
効果・メリット

お客様がお問い合わせしたくなるためには、不安要素を出来るだけ取り除き、安心感を感じてもらいましょう。
お客様が先生にご相談すると、どんな効果・メリットがあるのかをしっかり説明していきます。そのために、「お客様の声」「実績」などで具体的に得られる効果と価値を、第三者からの評価から感じてもらいましょう。

そして、お客様が先生へコンタクトを取るまでを誘導できるように、ホームページ全体でページを構成します。

第三者の評価、実績数などで信用と安心感を
ポイント4

第三者の評価、実績数などで
信用と安心感を

集客できるホームページに重要なのは、説明だけのページではなく、お客様が先生へコンタクトを取りたいと思う心理を考えたプロセスが大切です。
お客様が最終的に「お問い合わせ」のリンクを押してもらうために、それに至るまでの過程で先生の強みや特徴などを、しっかりとアピールしていきましょう。

お客様がホームページを開いてから、その先を読むかどうかはわずか数秒で決まってきます。
その分岐点として、上記の4つのポイントが重要になります。

ビジネススクウェアでは、集客アップするホームページの構成から原稿作成まで、しっかりとサポートさせていただきます。

集客アップをお考えの税理士の方は、まずお気軽にご相談ください。

ページトップへ